ダーツの得点の数え方

ダーツの得点の数え方は、覚えてみると、意外と簡単です。
まず、ダーツボード中心の二重円の内側・ダブルブルは50点で、二重円の外側・シングルブルは25点になります。
数字が割り振られた三角のエリアのうち、広い部分の二箇所をシングルエリアと呼び、どちらに当たっても割り振られた数字がそのまま得点となるのです。
割り振られた数字に近い外側の溝のような箇所をダブルエリアといい、割り振られた数字を二倍した得点が加算されます。
シングルエリアとシングルエリアの間の溝をトリプルエリアと呼び、割り振られた数字を三倍した数字が得点となるので、最高点は20エリアのトリプルの60点です。
ダーツゲームの種類によって、若干変わることもあるので、これだけがダーツの得点の数え方の全てではありませんが、基本は割と簡単ですよね。
ダーツの得点を自動計算してくれるエレクトリックダーツを使えば、自分で得点計算する必要はなくなります。
でも、ダーツの得点の数え方がわからなければ、どこを狙えばいいのかわからないでしょう。
ダーツ初心者は、真ん中(ダブルブル)が一番得点が高いと勘違いしてしまいますが、それ以上の得点を狙える20エリアのトリプルや19エリアのトリプルなどがあるのです。
ちなみに、1ゲーム(1ラウンド)で20エリアのトリプルに三本とも入れることをトンエイティーと呼びます。
1ゲーム(1ラウンド)でブルエリアに三本とも入れると、ハットトリックです。
だからといって、得点が通常より増えるわけではありません。

関連ページ

ダーツのマナー
ダーツは気軽に始められるスポーツの一つです。このサイトでは、ルールや歴史、用語といった基礎的な知識から練習の仕方まで、幅広く紹介しています。コツを掴んでダーツライフを楽しみましょう!
ダーツボードの種類
ダーツは気軽に始められるスポーツの一つです。このサイトでは、ルールや歴史、用語といった基礎的な知識から練習の仕方まで、幅広く紹介しています。コツを掴んでダーツライフを楽しみましょう!
ダーツゲームの種類
ダーツは気軽に始められるスポーツの一つです。このサイトでは、ルールや歴史、用語といった基礎的な知識から練習の仕方まで、幅広く紹介しています。コツを掴んでダーツライフを楽しみましょう!
ダーツのカウントアップのルール
ダーツは気軽に始められるスポーツの一つです。このサイトでは、ルールや歴史、用語といった基礎的な知識から練習の仕方まで、幅広く紹介しています。コツを掴んでダーツライフを楽しみましょう!