ダーツのグリップ

ダーツのグリップは、どんな風に握って投げても、反則にはなりません。
プロのダーツプレイヤーの中には、不思議なグリップの仕方で投げる人もいます。
ダーツのバランスを崩しにくいグリップで、自分が投げやすいなら、どんなグリップでもかまわないのです。
いろいろなグリップの中から、指に力が入らず、楽に持てるグリップをみつけてください。
代表的なダーツのグリップには、ツーフィンガー、スリーフィンガー、フォーフィンガーがあります。
ダーツを親指と人指し指の二本の指で支えてグリップすれば、ツーフィンガーです。
三本の指でグリップすれば、スリーフィンガーで、四本の指でグリップしたら、フォーフィンガーになります。
支える指が少ないほど、リリースする時に安定しますが、狙いは定めにくくなるでしょう。
支える指が多いと、狙いは定めやすくなりますし、安定しますが、リリースに失敗しやすくなります。
指が多いほど、同時にダーツから指を離すのが難しくなるためです。
三本指でのダーツのグリップの仕方は、人指し指にダーツをのせて、水平になるポイントを探し、そこを上から親指で押さえて、中指を軽く添えます。
四本指でのダーツのグリップの仕方になると、人指し指と中指にダーツをのせて、ダーツが水平になるポイントを探し、上から親指で押さえて、中指と薬指を添えて支える感じです。
グリップのコツとしては、親指と人指し指の腹を使ってダーツを支えるようにして、他の指は使っても添えるだけにするといいと思います。

関連ページ

ダーツの投げ方
ダーツは気軽に始められるスポーツの一つです。このサイトでは、ルールや歴史、用語といった基礎的な知識から練習の仕方まで、幅広く紹介しています。コツを掴んでダーツライフを楽しみましょう!
ダーツのスタンス
ダーツは気軽に始められるスポーツの一つです。このサイトでは、ルールや歴史、用語といった基礎的な知識から練習の仕方まで、幅広く紹介しています。コツを掴んでダーツライフを楽しみましょう!
ダーツの練習法
ダーツは気軽に始められるスポーツの一つです。このサイトでは、ルールや歴史、用語といった基礎的な知識から練習の仕方まで、幅広く紹介しています。コツを掴んでダーツライフを楽しみましょう!