ダーツのスタンス

ダーツのスタンスには、大きく分けて三種類あります。
正面型(オープンスタンス)、中間型(スタンダードスタンス)、側面型(クローズドスタンス)です。
スローラインを踏み越えなければ、どのスタンスで投げてもかまいません。
多くのプレーヤーが好んで使っているスタンスは、中間型になります。
スローイングラインに対して、両足を斜めに構える中間型のスタンスは、角度が変わってしまいやすいという欠点はありますが、両足の位置や重心のかけ方を自分の好きなように調整できるのが魅力です。
正面型は、ダーツボードに向かって正面に構えるスタンスなので、同じフォームをとりやすく、狙いやすいという利点があります。
しかし、両足にしっかり力を入れないとバランスを崩しやすく、投げづらいというデメリットも大きいスタンスです。
ダーツボードに利き手側の側面を向ける側面型は、ダーツボードに一番近い位置から投げられるスタンスなのですが、前足に重心をかけすぎると、不安定な姿勢になります。
首が回らない場合、目の位置がずれてしまうので、狙いが定まらない危険性もあるスタンスです。
どのスタンスで構えるにしても、体をしっかりと支えて、背筋を伸ばし、前傾姿勢になりすぎないように注意します。
自分に合ったスタンスをいろいろと試して、最も投げやすいスタンスで練習するといいでしょう。
狙うポイントによって、スタンスを変えるのも、有効な方法です。
必要なら、足がふらつかないように筋トレをするのも、スタンスを保つには大切かもしれません。

関連ページ

ダーツの投げ方
ダーツは気軽に始められるスポーツの一つです。このサイトでは、ルールや歴史、用語といった基礎的な知識から練習の仕方まで、幅広く紹介しています。コツを掴んでダーツライフを楽しみましょう!
ダーツのグリップ
ダーツは気軽に始められるスポーツの一つです。このサイトでは、ルールや歴史、用語といった基礎的な知識から練習の仕方まで、幅広く紹介しています。コツを掴んでダーツライフを楽しみましょう!
ダーツの練習法
ダーツは気軽に始められるスポーツの一つです。このサイトでは、ルールや歴史、用語といった基礎的な知識から練習の仕方まで、幅広く紹介しています。コツを掴んでダーツライフを楽しみましょう!